アスペルガー症候群の子への接し方は芸能人黒柳徹子の著書を参考に

アスペルガー症候群の子への接し方は芸能人黒柳徹子の著書を参考に

近年の研究により、発達障害の一種であるアスペルガー症候群は、脳機能障害であることがわかっています。
アスペルガー症候群における脳機能障害の原因は、後天的なものではなく、遺伝的因子が脳へ何等かの影響を与えているという先天的なものです。
そのため、ある程度言葉を話すようになる年齢になると、症状が現れてきます。

 

自分の子が発達障害であると診断された場合、多くのお母さんがショックを受けます。
確かに、考え方や行動が特異であるため、対応に困るとともに、周囲からの理解も受けにくいという苦労があります。
しかし、上手に育てることができれば、アスペルガー症候群の子は、類まれな才能を開花させる可能性がとても高いです。

 

芸能人として人気の高い黒柳徹子さんは、自信が発達障害であることを公表しています。
彼女が芸能人として成功した理由のひとつに、幼い頃からお母さんや周りの大人たちが上手に接してきたことにあります。
このことは、彼女の著書「窓ぎわのとっとちゃん」から垣間見ることができます。
芸能人にする必要はありませんが、子どもの個性を伸ばす参考になるのではないでしょうか。