芸能人によるアスペルガー症候群公表の利点

芸能人によるアスペルガー症候群公表の利点

ハンディキャップの語源は、""hand in cap(帽子の中に手をいれる)""というイギリスの競馬用語に由来しています。
18世紀中頃、騎手の体重と馬具の重さを決める際、馬具の重さによってハンドが決まることから、帽子の中に手を入れて重量差を調整したことが始まりだと言われています。
20世紀になると、身体に不利な条件のある人にも使われようになりました。

 

耳が聞こえない、目が見えないなどのハンディキャップは、周囲に理解してもらえやすいです。
しかし、アスペルガー症候群の場合は、ハンディキャップを理解してもらえにくいです。
アスペルガー症候群は、脳機能の仕様が一般的な人と大きく異なります。
そのため、快適に日常生活を送るためには、周囲の理解が必要です。

 

しかし、なかなか理解してもらえないのが現状です。
最近、芸能人が、アスペルガー症候群であることを公表することがあります。
社会的影響の大きい芸能人が、アスペルガーを公表することは、ハンディキャップを理解してもらう良い機会となります。
このような事は、芸能人だからこそできる利点ともいえます。